Embarcadero ER/Studio Data Architect のインストール

提供: ER/Studio Data Architect
移動先: 案内検索

はじめに への移動

このセクションは、お使いの環境が必ず技術要件を満たし、ER/Studio Data Architect のインストールに役立つようにするうえで参考になります。

http://www.embarcadero.com/downloads から ER/Studio Data Architect の 14 日間トライアル版をダウンロードできます。ライセンス登録コードが Embarcadero から電子メールで送付されます。

システム要件

ER/Studio Data Architect をインストールする前に、要件を見直します。これらの要件に従うことで、パフォーマンスが最適化されます。

ER/Studio Data Architect の要件
ハードウェア プロセッサ デュアル コア以上
メモリ 2 GB
空きディスク領域
2.5 GB
オペレーティング システム 次のいずれか。

• Windows 7、8、8.1、10
• Windows Server 2008、2008R2、2012

ソフトウェア ODBC(Open Data Base Connectivity)データベースをデータ ソースとして使用するには、お使いのクライアント コンピュータに ODBC ドライバをインストールします。

ネイティブ接続を使って DBMS に接続するには、DBMS ベンダから入手できるネイティブ クライアント ライブラリをインストールします。

権限

ローカル管理者権限(インストールのみに必要)。
サーバー上にオブジェクトを作成する DBMS 権限: 実行アクセス許可(ユーザーは Create_Temp_Tables などのストアド プロシージャを実行する必要があります)。

ER/Studio Data Architect のインストール

Magic Wand Icon.pngヒント: 互換性を確保するため、ER/Studio RepositoryER/Studio Data Architect の両方の最新版をインストールしておくことをお勧めします。

Notepad blue icon 2.pngメモ: x32 ビット版がインストールされているマシンに、さらに x64 ビット版をインストールすることはできません。既にインストールされている本ソフトウェアの x32 ビット版を削除する必要があります。

ローカル管理者権限で Windows にログオンします。

  1. ER/Studio Data Architect インストール プログラムを起動します。
  2. 画面上の指示に従って、インストール ウィザードの各ステップを実行します。

インストール後に確認できる一部のオプションについて、以下で補足説明します。

  • 表記法の設定を変更することができます。ER/Studio Data Architect のメイン メニューから[ツール|オプション...]を選択したあと、[論理]タブまたは[物理]タブをクリックし、そこで表記法の種類を選択します。
  • ER/Studio Data Architect では、共有のディレクトリやアプリケーション ファイル(DatatypeMapping ディレクトリ、Macros ディレクトリ、Sample Models ディレクトリなど)はデフォルトで C:\ProgramData\Embarcadero\ERStudioDA_2016 にインストールされます。インストール後に、これらのファイルが別のディレクトリに格納されるようにする場合は、「共有ファイルの場所の変更」で示されている手順に従います。
  • ER/Studio Data Architect の使用方法の段階的な説明については、「チュートリアル」セクションを参照してください。

その他の注意事項

  • サイレント インストールを行う場合は、次のように、インストーラ コマンドに -q を付けてインストーラを起動します。
installer.exe -q

さらに、次のように、-q ではなく -passive を設定すれば、進行状況バーを表示することができます。

installer.exe -passive
次のトピック

関連項目