変更ビュー

提供: InterBase
移動先: 案内検索

データ定義ガイド へ戻る


変更ビュー™ 機能は、InterBase の複数世代アーキテクチャを使用して、データへの変更をキャプチャしています。 この機能により、「前回、私が参照してからどのデータが変更された?」といった質問に、迅速に答えられるになりました。

以前は、これには、トリガ、ログ記録、および/または、トランザクションのログ先行書き込みスクレイピングを伴いました。 これは開発者にとって時間のかかる作業であり、特定のトランザクション負荷や変更量によっては、データベース パフォーマンスにも影響を及ぼしました。 今は、変更ビューにより、既存のトランザクションについてパフォーマンスのオーバーヘッドは発生しません。なぜなら、他のトランザクションからも見ることのできる、変更されたデータの一貫したビューが保持されているからです。

変更ビュー メカニズムは、それが基としているデータに依存してはいませんが、既存の基本テーブルまたは基本テーブルから派生したビューにすでに格納されているデータをベースとしています。 この暗黙的なビュー メカニズムは一時的にベースとするもので、この暗黙ビューで観察できた前のトランザクション以降に変更されたデータを返します。

データベース接続を超えて、変更されたデータを表示させるためには、変更ビューにサブスクライブ(変更ビューを実装するために、サブスクリプションを作成)します。 複数のデータベース接続に広がる、長期生存トランザクションが可能になります。

  • 特にサブスクリプションは、1 つまたは複数のテーブルへの行の挿入、更新、削除を、列レベルでの細かさで、切断されてもそれを超えた時間に及んで、すべて追跡します。
  • InterBase SQL クエリ言語は、前回の観察時以降変更されたデータがある列を検索するため、変更されました。
  • データ変更は、列の単位で追跡されます。

トピック



次は: