環境変数の使い方

提供: InterBase
移動先: 案内検索

InterBase API を用いたプログラミング へ戻る


InterBase クライアント アプリケーションは、4 つの環境変数を使用して、プログラムのパラメータを設定することができます。 これらの変数を設定して、アプリケーションの実行時には使用できるようにしていなければなりません。 たとえば、Microsoft Windows が起動してしまった後に、DOS ウィンドウでこれらの変数を設定すると、そのウィンドウ内の DOS アプリケーションには反映できますが、いずれの Windows プログラムにも反映させることができません。

次の表は、これらの変数とその用途をまとめたものです:

変数 目的 例:

ISC_USER

PC クライアント アプリケーションに使用するユーザー名を指定

SET ISC_USER = HERMES

ISC_PASSWORD

PC クライアント アプリケーションに使用するパスワード(大文字小文字を区別)を指定

SET ISC_PASSWORD = Ichneumon

INTERBASE

InterBase をデフォルト以外のディレクトリにインストールしている場合、INTERBASE 環境変数を設定することで、その INTERBASE 環境変数で設定された場所で動作している正しいサーバー インスタンスに、クライアント アプリケーションが接続できるようになる。

Windows では、システム環境変数で次のように設定する。 INTERBASE=C:\Embarcadero\InterBase

UNIX では、セッション環境変数で次のように設定する。 デフォルトは、使用している UNIX システムにより、/usr/interbase/ と /opt/interbase/ のいずれかとなる。
INTERBASE=/mydir/interbase

IB_IBPROTOCOL

デフォルトで通信する InterBase インスタンスの名前を設定することができる。

この環境変数が設定されていない場合、クライアント アプリケーションは、データベースの URL 構文の中で、接続するサーバーのインスタンス名を指定する必要がある。
例:
connect 'localhost/my_instance:c:\interbase\examples\employee.gdb';

IB_PROTOCOL 環境変数は、リモート サーバーに接続するときにも使われる。 この場合、リモート TCP ポート番号に接続できるよう、上記のインスタンス名に対して TCP ソケット ポート番号を Services ファイルに指定する必要がある。

IB_PROTOCOL 環境変数が環境内で設定されている場合:

IB_PROTOCOL=my_instance

環境変数 ISC_USERISC_PASSWORD は、リモート InterBase データベース サーバーへ渡す、有効なユーザー名/パスワードの組み合わせを設定するために、一緒に使用されます。

重要: セキュリティが懸念される場合には、ISC_PASSWORD 環境変数は使用しないでください。 ISC_PASSWORD 環境変数が、autoexec.bat といったファイルで定義されているクライアントにアクセスできるユーザーからは、容易にパスワードをみることができてしまいます。

トピック