InterBase Editions

提供: InterBase
移動先: 案内, 検索

メインページ へ戻る


InterBase では、次のエディションを提供しています:

  • IBLite
  • InterBase ToGo
  • InterBaseServer
  • InterBase Desktop
  • InterBase Developer

以下は、InterBase における各エディションの機能比較です:

属性の説明 IBLite InterBase ToGo InterBase Desktop InterBase Server InterBase Developer*
プラットフォーム Windows-android.png

Linux.png Ios-apple.png

Windows-android.png

Linux.png Ios-apple.png

Win-icon.png
Win-icon.png Linux.png Apple.png Win-icon.png Linux.png Apple.png
CPU コアのライセンス 1 4 4 8 8
最大同時ユーザー数 1 1 1 1 ~無制限 20
ユーザー毎の接続数 1 8 8 4 4
リモート システム上のクライアントからの ローカル データベースへのアクセス
Check.png
Check.png
リモート システム上のデータベースをホストするサーバーへの接続
Check.png
Check.png
Check.png
Check.png
Check.png
TCP リスニング サーバー
Check.png
Check.png
強度の高い(256 ビット AES)データベースおよび列の暗号化 暗号化なし
Check.png
Check.png
Check.png
強度の高い暗号化なし
強度の高いネットワーク暗号化(SSL) 暗号化なし
Check.png
Check.png
Check.png
強度の高い暗号化なし
アドオン ライセンスのインポート
Check.png
Check.png
データベース ファイル サイズの制限 100MB 制限なし 制限なし 制限なし 制限なし
接続ごとの同時トランザクション数 1** 制限なし 制限なし 制限なし 制限なし
変更ビュー
Check.png
Check.png
Check.png
Check.png
ジャーナルとジャーナル アーカイブ
Check.png
Check.png
48 時間毎のサーバー再起動が必要
Check.png

* Developer エディションには、Server エディションの多くの機能が含まれており、これは開発用途に限定されます。運用環境への配置の際にはライセンスが必要となります。詳細については、「VAR プログラム」を参照してください。

**メモ: 技術的に 2 トランザクションは可能です。 しかし、それらの一方が意図されたものであり、そのため、一部のドライバでは残りをメタデータ クエリに使用しています(たとえば、FireDAC など)。

個人用ツール
以前のリリース:
他言語版