Visual Studio から InterBase への接続

提供: InterBase
移動: 案内, 検索

メインページ へ戻る

InterBase は、ADO.Net ドライバをサポートしており、これは、32 ビットおよび 64 ビットをサポートする InterBase XE、XE3、XE7 で動作します。

このトピックでは、Visual Studio から InterBase へ接続するための基本的な情報をカバーしています:

前提条件

次のことが必要となります:

  • .NET 2.0 SDK (更新適用)
  • Microsoft Visual Studio 2005 以上
  • InterBase XE 以上

インストール手順

ADO.Net 2.0 インストーラを実行するための手順については、ここをクリックしてください。

使用方法

  1. Visual Studio 2005/2008 を開始します。
  2. C# Windows アプリケーションのファイルを新規作成します。
  3. プロジェクト - 参照の追加を選択し、AdoDbxClient.dll、DbxCommonDriver、DBXInterBaseDriver をプロジェクトに追加します。
  4. Windows フォームに DataGridView コンポーネントを追加します。
  5. 以下と同様のコードが、DataGridView コンポーネントを、employee.gdb サンプルの InterBase データベースの employee テーブルのコンテンツで埋めます。


サンプル コード

このサンプル コードは、InterBase XE7 および Visual Studio 2013 Ultimate で使用されます。

>>>
USING System;
USING System.Collections.Generic;
USING System.ComponentModel;
USING System.DATA;
USING System.Drawing;
USING System.Text;
USING System.Windows.Forms;
USING Borland.DATA;
USING Borland.DATA.Units;
USING System.DATA.SqlClient;
USING System.DATA.Common;
namespace IBXEApplication1
{
    public partial class Form1 : Form
    {
        public Form1()
        {
            InitializeComponent();
            ReadData(getConnection());
        }
        public DbConnection getConnection()
        {
           // DbProviderFactory factory = DbProviderFactories.GetFactory
             //            ("Borland.Data.AdoDbxClient");
            DbConnection c = NEW TAdoDbx{{Product}}Connection();
            //DbConnection c = factory.CreateConnection();
            c.ConnectionString = "Database=C:\\Embarcadero\\{{Product}}\\examples\\database\\employee.gdb;User_Name=sysdba;Password=masterkey";
            RETURN c;
        }
        public void ReadData(DbConnection conn)
        {
            string SQL = "select * from employee";
            DbCommand cmd = conn.CreateCommand();
            cmd.CommandText = SQL;
            conn.OPEN();
            DbDataReader myreader = cmd.ExecuteReader();
            dataGridView1.DataSource = myreader;
            DataSet ds = NEW DataSet();
            DataTable dt = NEW DataTable("employee");
            ds.TABLES.ADD(dt);
            ds.LOAD(myreader, LoadOption.PreserveChanges, ds.TABLES[0]);
            dataGridView1.DataSource = ds.TABLES[0];
            myreader.Close();
        }
        private void dataGridView1_CellContentClick(object sender, DataGridViewCellEventArgs e)
        {
 
        }
   }
}
<<<
個人用ツール
以前のリリース:
他言語版