DSQL API の制限事項

提供: InterBase
移動先: 案内検索

動的 SQL での作業 へ戻る


DSQL には数多くの利点がありますが、次のような制限もあります:

  • 動的なトランザクション処理を行うことはできません。 名前のついたトランザクションはすべて、コンパイル時に宣言されなければなりません。
  • Blob データや配列データに動的にアクセスすることはできません。 標準の静的処理される SQL 文を介して、もしくは、低層レベル API 呼び出しを介してのみ、Blob データや配列データにアクセスすることができます。
  • データベースの作成は、EXECUTE IMMEDIATE のコンテキスト内での、CREATE DATABASE 文に限定されます。

DSQL でのデータベース アクセスについては、「データベースへのアクセス」を参照してください。 DSQL アプリケーションでのトランザクション処理については、「トランザクションの処理」を参照してください。 DSQL での Blob データの操作については、「Blob データの処理」を参照してください。 DSQL での配列データの処理については、「配列データの処理」を参照してください。 データベースの動的な作成については、「データベース作成時の DSQL API の制限事項」を参照してください。