ToGo および IBLite を iOS に対してライセンス許可する

提供: InterBase
移動先: 案内検索

IOS アプリケーション へ戻る


RAD Studio users only get InterBase ToGo Test Deployment and IBLite licenses with their product. Both InterBase ToGo Test Deployment and IBLite can be used for development and testing. For more information refer to  IBToGo Licensing

自分のアプリケーションを顧客/運用環境/AppStore にデプロイする準備ができたら、持っている無料の IBLite ライセンスを使用するか、InterBase ToGo ライセンスについて Embarcadero にお問い合わせください。

Apple iOS 用 InterBase ランタイム ファイルの場所。

InterBase 関連のファイルは、次のカテゴリに分けることができます:

  • テンポラリ ファイルは、<Application_Home>/tmp ディレクトリ以下に作成されます。

一時ファイル(isc_lock、isc_init、およびソートのための一時ファイルなど)は、その場に作成されます。

  • interbase.log(InterBase からの情報およびエラー メッセージ)ファイルは、<Application_Home>/Documents/interbase ディレクトリ以下にあります。
  • Read/Write ファイルおよび InterBase がセットアップのために使用するファイルは、<Application_Home>/Documents/interbase ディレクトリ以下にあります。


以下のファイル群は、このディレクトリにあります: ibconfig、interbase.msg、license/ フォルダとライセンス関連ファイル、admin.ib(使用される場合)。
OTW/SSL 接続の場合、サポートファイルを提供するための推奨フォルダは、<Application_Home>/Documents/interbase です。 OTW 接続の場合、関連引数値を提供することを忘れないでください。 たとえば、
10.20.10.20?ssl?serverPublicFile=Documents/interbase/ibserverCAfile.pem??:<database_file_path>

InterBase をアプリケーションと共に iOS 上にデプロイする

モバイル デバイス上にデプロイされたデータベースは、admin.ib を介した集中ユーザー認証か、EUA を使用して、データベース内のユーザー アクセスを制御することができます。 EUA の利用により、データベース アクセスのためにターゲット モバイル デバイス上に admin.ib をデプロイする必要がなくなる場合があります。

次は: