ToGo のインストールとライセンス管理

提供: InterBase
移動先: 案内検索

Express ToGo へ戻る


RAD Studio では、InterBase 2020 データベースに対するフル サポートを提供し、これは RAD Studio と共にインストールされます。RAD Studio のトライアル バージョンをダウンロードするには、http://www.embarcadero.com/products にアクセスし、[Trial Download]をクリックしてください。InterBase 2020 が次のディレクトリにインストールされます:

...\Embarcadero\RAD Studio\<n.n>\InterBaseXE3 

RAD Studio には、InterBase ToGo dbExpress ドライバが含まれており、これにより、InterBase ToGo データベースと RAD Studio アプリケーション間のやり取りを容易に行うことができます。InterBase ToGo dbExpress ドライバを使用すると、RAD Studio を使った InterBase ToGo アプリケーションの開発が容易になります。


InterBase 2020 の統合ライセンス

InterBase 2020 Developer Edition および InterBase 2020 ToGo は、RAD Studio 2020 と一緒にインストールされ(Starter エディションを除く)、RAD Studio 2020 統合ライセンスに組み込まれています。 この機能により開発者は、RAD Studio を使用した、C++Builder および Delphi の InterBase アプリケーションの開発が簡単になります。

ToGo テスト配置ライセンス

ToGo テスト配置ライセンスを使用すると、InterBase アプリケーションを配置先マシンでテストすることができます。 たとえば、Windows 32 ビット InterBase アプリケーションを開発している場合に、ToGo テスト配置ライセンスを使用して、32 ビットまたは 64 ビット Windows や Mac OS X が動いている別のマシン上で、アプリケーションをテストすることができます。 詳細については、『InterBase ToGo クイック スタート ガイド』を参照してください。

InterBase Test Deployment ライセンスを取得する

適切な RAD Studio 2020 製品を購入していれば、InterBase ToGo Test Deployment シリアル番号も、RAD Studio 2020 シリアル番号に含まれているはずです。 RAD Studio 2020 シリアル番号を e メールで受け取った場合、InterBase Test Deployment シリアル番号は同じ e メールに記載されています。

次の手順を完了させる前に、RAD Studio 2020 製品がインストールされている必要があります:

  1. シリアル番号と登録コードを https://reg.codegear.com/ で入力します。
  2. 一旦、シリアル番号と登録コードが一致するのを確認したら、アクティブ ファイルをダウンロードするためのオプションを選択します。
  3. アクティベーション ファイルを、選択した場所に保存します。 ファイル名の選択肢があった場合には、reg_ibtogo.txt を選択します。そうでなければ、アクティベーション ファイル形式は次のようになります: regXXXX_XXXXXXXX.txt アクティベーション ファイルの名前は忘れないようにしておいてください。
  4. アクティベーション ファイルを InterBase 再配布フォルダにコピーします。
  • これを行うには、cmd.exe ウィンドウを開き、アクティベーション ファイルをダウンロードしたディレクトリまで、「cd」で移動します。 そして、次のコマンドを実行します:
copy reg*.txt 
 %IBREDISTDIR%\osx32_togo\interbase\license\reg_ibtogo.txt
copy reg*.txt 
  %IBREDISTDIR%\win32_togo\InterBase\license\reg_ibtogo.txt 
copy reg*.txt
  %IBREDISTDIR%\win64_togo\InterBase\license\reg_ibtogo.txt 
メモ: コピーがうまくいかない場合は、reg*.txt を、自分で固有の名前に置き換えます。

これで、Deployment プロジェクト ウィザードを RAD Studio 2020 で、InterBase ToGo と共に使用する準備が整ったことになります。 Starter 以外の RAD Studio 2020 のエディションはすべて、InterBase 2020 Test Deployment ライセンスの権限を有します。

次は: