API:Vcl.Ribbon.TOffice2007Button.MouseUp

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内検索

Delphi

procedure MouseUp(Button: TMouseButton; Shift: TShiftState; X: Integer; Y: Integer); override;

C++

DYNAMIC void __fastcall MouseUp(System::Uitypes::TMouseButton Button, System::Classes::TShiftState Shift, int X, int Y);

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
procedure
function
protected
Vcl.Ribbon.pas
Vcl.Ribbon.hpp
Vcl.Ribbon TOffice2007Button

説明

OnMouseUp イベントのディスパッチャです。

Vcl.Ribbon.TOffice2007Button.MouseUp は Vcl.Controls.TControl.MouseUp を継承しています。以下の内容はすべて Vcl.Controls.TControl.MouseUp を参照しています。

OnMouseUp イベントのディスパッチャです。

MouseDown メソッドをオーバーライドすると,カーソルのホットスポットがコントロール上にある場合に,押されていたマウスボタンをユーザーが離したときに OnMouseDown イベントハンドラ呼び出しのほかにも応答処理が行えます。

コントロールは Windows のいずかのマウスアップメッセージ(WM_LBUTTONUP,WM_MBUTTONUP,WM_RBUTTONUP)への応答として MouseUp を呼び出し,メッセージのパラメータをシフトキー状態と位置に解読し,それぞれ Shift,X,Y の各パラメータに渡します。Button パラメータの値は,左,右,中央のうち,どのマウスボタンを離したかを示します。

関連項目