表示: Delphi C++
表示設定

Data.DB.TField.Value

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

property Value: Variant read GetAsVariant write SetAsVariant;

C++

__property System::Variant Value = {read=GetAsVariant, write=SetAsVariant};

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
property public
Data.DB.pas
Data.DB.hpp
Data.DB TField


説明

フィールド コンポーネント内のデータを表します。

Value を使用すると、実行時にフィールド コンポーネントから直接データを読み込んだり、そこへ直接データを書き込んだりすることができます。 たとえば、可視ではないフィールドの内容を操作するために、Value プロパティを使用します。

メモ: BLOB フィールド(Data.DB.TBlobField)の場合、Value プロパティは AsString プロパティと同じになります。文字列データ型(Delphi)または AnsiString 型(C++)は、テキストだけでなくバイナリ データも格納できます。このため、テキスト以外の BLOB 型(ftGraphicftTypedBinary など)に対する BLOB フィールドでも、そのデータを、string (Delphi) や AnsiString (C++) を使用して、取得または設定することができます。


関連項目


コード サンプル

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance