表示: Delphi C++
表示設定

Data.DB.TParam

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

System.Classes.TCollectionItemSystem.Classes.TPersistentSystem.TObjectTParam

Delphi

TParam = class(TCollectionItem)

C++

class PASCALIMPLEMENTATION TParam : public System::Classes::TCollectionItem

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
class public
Data.DB.pas
Data.DB.hpp
Data.DB Data.DB

説明

TParam は,問い合わせまたはストアドプロシージャの項目パラメータを表します。

TParam オブジェクトのプロパティを使用すると,項目の値を表すパラメータの値を設定できます。問い合わせおよびストアドプロシージャを表すデータセットは,それらの問い合わせおよびストアドプロシージャのパラメータを表す TParam オブジェクトを作成します。クライアントデータセットは TParams オブジェクトを使用して,パラメータ値をソースデータセットに渡します。

メモ:  ADO ベースデータセットは,パラメータ値を表すために TParam オブジェクトを使用しません。かわりに,TParameter クラスを使用します。

TParam オブジェクトと TField オブジェクトには,データセットの項目の値を記述する多くの同じプロパティがあります。ただし TField オブジェクトには,TParam オブジェクトでは必要のない項目の結合や,項目の表示/編集/演算の方法を記述するプロパティがあります。逆に,TParam オブジェクトには項目の値がどのようにパラメータとして渡されるかを示すプロパティがあります。

関連項目



個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance