表示: Delphi C++
表示設定

FMX.Forms.TCommonCustomForm.ObjectAtPoint

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

function ObjectAtPoint(AScreenPoint: TPointF): IControl; virtual;

C++

virtual Fmx::Types::_di_IControl __fastcall ObjectAtPoint(const System::Types::TPointF &AScreenPoint);

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
function public
FMX.Forms.pas
FMX.Forms.hpp
FMX.Forms TCommonCustomForm


説明

指定された座標にあるオブジェクトを返します。

ObjectAtPoint は、このフォームのすべての子をたどり、AScreenPoint TPointF パラメータで指定された座標にあるコンポーネントを返します。

指定された座標にオブジェクトが見つからない場合、またはそれが IControl でなかった場合、もしくは、その状態が csDesigning であった場合、ObjectAtPointnil を返します。 そうでなければ、オブジェクトは IControl として返されます。

関連項目

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance