表示: Delphi C++
表示設定

FMX.Graphics.TFont.Size

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

property Size: Single read FSize write SetSize stored IsSizeStored nodefault;

C++

__property float Size = {read=FSize, write=SetSize, stored=IsSizeStored};

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
property published
FMX.Graphics.pas
FMX.Graphics.hpp
FMX.Graphics TFont


説明

フォントの高さ(ポイント)。

Size を使用すると、テキストのサイズを指定できます。 このサイズには、ベースラインと、そのベースラインから文字の上までのアセント、文字の下までのディセントが含まれます。

フォント サイズは、ポイント(1 インチあたり 72)で表現されます。 OS X では、ディスプレイのデフォルトが 72 DPI(1 インチあたり 72 ドット(またはピクセル))であるため、ポイント値はピクセルと同じです。 ウィンドウのテキスト(DirectWrite API レベルでの)は、デバイス非依存ピクセル(DIP)のサイズで、1 インチあたり 96 です。また、ディスプレイのデフォルトもまた、96 DPI です。 このため両ケースとも、フォント サイズ単位とディスプレイ解像度の間に、1 対 1 の関係が成り立ちます。 テキストは、Windows と OS X の両方で、同じ高さとなります。 (各プラットフォーム上でのフォントのレンダリングの仕方によって、若干の相違は見られます)。

たとえば、フォントのサイズが 24 としましょう。 Windows 上では、24 DIP は、24/96 または 1/4 インチの高さになります。 96 DPI の画面上での 1/4 インチは、24 ピクセルです。 OS X 上では、24 ポイントは、24/72 または 1/3 インチの高さになります。 72 DPI の画面上での 1/3 インチは、24 ピクセルです。

Windows 上でのポイント指定のテキスト サイズは、同じ数値のものより大きく表示されます。 たとえば、96 DPI での 24 ポイントは、32 ピクセルの高さになります。

関連項目


コード サンプル

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance