表示: Delphi C++
表示設定

FMX.Graphics.TPathData.MoveTo

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

procedure MoveTo(const P: TPointF);

C++

void __fastcall MoveTo(const System::Types::TPointF &P);

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
procedure
function
public
FMX.Graphics.pas
FMX.Graphics.hpp
FMX.Graphics TPathData


説明

指定された点を、現在の TPathData の最後に追加します。

MoveTo を使用すると、現在の TPathData に追加される新しい要素の始点をカスタマイズすることができます。

P パラメータは、追加される TPointF を示します。

MoveTo は、指定されたを、Points 配列に追加します。追加される点は、MoveTo 型です。

TPathDataキャンバス上で描画される際、MoveTo 点とその前の点は、視覚的にはつながれていません(これらの間に線は描画されません)。TPathData がアニメーション内で使用される場合、アニメーションされるオブジェクトは、ある点から別の点へジャンプしませんが、それらの点をつなぐ線上を移動していきます。

TPathData の終点を見つけるには、LastPoint メソッドを呼び出します。

MoveToMoveToRel の結果の違いを確認するには、次の表を参照してください。

最初の曲線 MoveTo(PointF(a,b)) の結果 MoveToRel(PointF(a,b)) の結果

FMXTypesTPathDataInitialPath.PNG

FMXTypesTPathDataMoveTo.PNG

FMXTypesTPathDataMoveToRel.PNG

関連項目


コード サンプル

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance