FMX.Grid

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内検索

表現用グリッド コントロールを定義します。

MM_ 接頭辞定数はメッセージの ID を定義し、これらは TGrid および TStringGrid コントロールの TGridModel および TStringGridModel モデルによって、TStyledGrid プレゼンテーションへ、ColumnChangedContentChangedShowEditorHideEditorPostEditorValueRefreshEditorValueDataChangedInvalidateContentSizeMoveColumnSelectionChangedGetEditorValueCellRect といったメソッドから、もしくは、EditorModeDefaultTextSettingsEnabled といったパラメータが変更された際に、送信されます。

PM_ 接頭辞定数はメッセージの IDを定義し、これらはコントロール プレゼンテーション パラメータ(ScrollToSelectedCellSetTopLeftCanEditCellByPointDisplayCellsCellObject など)が変更された際に、TGridTStringGrid コントロールによって TStyledGrid プレゼンテーションへ送信されます。

パッケージ fmx.bpl

ユニット

FMX.Grid表現用グリッド コントロールを定義します。
FMX.Grid.Styleグリッド コントロール標準 FireMonkey 表現を提供するユニット: TStyledGrid。。


クラス

ICellControlグリッドのにアクセスするためのインターフェイス。
IDrawableCell
IDrawableCellExTColumn のようなクラスを表すインターフェイスは、セル描画を実装する必要があります。
TCheckColumnグリッド内の 1 つの列を表し、それらのセルはチェック ボックスを表します。
TColumnTGrid グリッド内の 1 つのセルを表します。
TColumnClass TColumnクラス参照
TColumnClasses
TCurrencyColumnセルが Currency 値を表す、グリッドの列を表します。
TCustomGrid

情報を 2 次元グリッドで表示するすべてのコンポーネントの基底クラスです。

TCustomNumberColumn
TDateColumnグリッド内の 1 つの列を表しており、それらのセルは、TDateEdit と同様のエディタを使用して、この列内のセルを編集します。
TFloatColumn
TGlyphColumnグリッド内の 1 つの列を表しており、各セルは、イメージの TGrid.Images リストの各イメージを表します。
TGridTGrid は、表形式のさまざまなオブジェクトの処理を簡略化することを目的としたグリッド コントロールを表します。
TGridModelグリッドのデータ モデルの基底クラス。
TGridValues グリッド モデルのキャッシュとして動作する辞書
TImageColumnグリッド内の 1 つの列を表しており、各セルは、イメージを表します。
TIntegerColumn
TPopupColumnグリッド内の 1 つの列を表しており、各セルは、ポップアップ メニューを表します。
TProgressColumnグリッド内の 1 つの列を表しており、各セルは、進捗バーを表します。
TStringColumnグリッド内の 1 つの列を表しており、各セルは、文字列を表します。
TStringGrid TStringGrid は、文字列の処理を簡略化することを目的としたグリッド コントロールを表します。
TStringGridModel 文字列のグリッドのためのデータ モデル
TTimeColumnグリッド内の 1 つの列を表しており、それらのセルは、TTimeEdit と同様のエディタを使用して、この列内のセルを編集します。

TCellClickユーザーがグリッド セルのいずれかをクリックした際に、特定のアクションを取らせるために使用される、イベントのタイプ。
TCellReturnActionユーザーが、グリッドのセル エディタ上で Enter キーを押した後に起こるアクションです。
TColumnMovedEventTGridModel.OnColumnMovedイベント ハンドラの型。
TCreateCustomEditorEvent
TDrawColumnCellEventTGridModel.OnDrawColumnBackgroundTGridModel.OnDrawColumnCellイベント ハンドラの型。
TDrawColumnHeaderEventTGridModel.OnDrawColumnHeaderイベント ハンドラの型。
TGetImageIndexEvent
TGridDrawState
TGridDrawStates
TGridOptionグリッド コントロールがどのように表示され、どのように動作するかを定義します。
TGridOptionsTGridOption 値のセットです。
THeaderClick
TOnCallbackGetValue
TOnEditingDone

グリッド内の 1 つのセルの内容を編集する際に特定のアクションを取るために使用されるイベントの型です。

TOnGetValueグリッドのセルの 1 つで使用する外部コンテンツを取得する際に使用されるイベントのタイプ。
TOnSetValue外部リポジトリに入れる Value を渡すために使用される、イベントのタイプ。
TSelectCell

定数

MM_CELL_RECTMM_CELL_RECT: Integer = $1717;
MM_COLUMN_CHANGEDMM_COLUMN_CHANGED: Integer = $1711;
MM_COLUMN_MOVEDMM_COLUMN_MOVED: Integer = $1712;
MM_CONTENT_CHANGEDMM_CONTENT_CHANGED: Integer = $1710;
MM_EDITOR_MODEMM_EDITOR_MODE: Integer = $171A;
MM_GET_EDITOR_VALUEMM_GET_EDITOR_VALUE: Integer = $171B;
MM_GET_ROW_HEIGHTMM_GET_ROW_HEIGHT: Integer = $1716;
MM_GRID_USERMM_GRID_USER: Integer = $171E;
MM_HIDE_EDITORMM_HIDE_EDITOR: Integer = $1719;
MM_INVALIDATE_CELLMM_INVALIDATE_CELL: Integer = $1714;
MM_INVALIDATE_CONTENT_SIZEMM_INVALIDATE_CONTENT_SIZE: Integer = $1715;
MM_POST_EDITOR_VALUEMM_POST_EDITOR_VALUE: Integer = $171C;
MM_REFRESH_EDITOR_VALUEMM_REFRESH_EDITOR_VALUE: Integer = $171D;
MM_SEL_CHANGEDMM_SEL_CHANGED: Integer = $1713;
MM_SHOW_EDITORMM_SHOW_EDITOR: Integer = $1718;
PM_CAN_EDITPM_CAN_EDIT: Integer = $100C;
PM_CELL_BY_POINTPM_CELL_BY_POINT: Integer = $100D;
PM_CREATE_CELL_OBJECTPM_CREATE_CELL_OBJECT: Integer = $100B;
PM_GET_DISPLAY_CELLSPM_GET_DISPLAY_CELLS: Integer = $100F;
PM_GRID_USERPM_GRID_USER: Integer = $1019;
PM_SCROLL_TO_SELECTPM_SCROLL_TO_SELECT: Integer = $1010;
PM_SET_TOP_LEFTPM_SET_TOP_LEFT: Integer = $100E;
PM_VKDISPLACEMENTPM_VKDISPLACEMENT: Integer = $1011;