表示: Delphi C++
表示設定

FMX.ListBox.TListBoxItem.Text

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

property Text: string read GetText write SetText stored TextStored default 0;

C++

__property Text = {default=0};

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
property published
FMX.ListBox.pas
FMX.ListBox.hpp
FMX.ListBox TListBoxItem

説明

この TTextControl オブジェクトの描画面に表示されるテキストを指定します。

FMX.ListBox.TListBoxItem.Text は FMX.Controls.TTextControl.Text を継承しています。以下の内容はすべて FMX.Controls.TTextControl.Text を参照しています。

この TTextControl オブジェクトの描画面に表示されるテキストを指定します。

Text プロパティを設定すると、この TTextControl に表示されるテキストを指定できます。Text は任意の文字列でかまいません。

Text プロパティを変更する前に既に適用された効果がある場合、それらは新しいテキストでも維持されます。また、この TTextControl の描画面は再描画されます。

Text プロパティで、アクセラレータ キーを定義することができます。Windows プラットフォームでは、アクセラレータ キーは、下線付き文字として表示されます。コード内でアクセラレータ キーを指定するには、<アクセラレータ文字> の前にアンパサンド(&)の文字をつけます。 アンパサンド記号の次の文字が下線付きで表示されます。 たとえば、文字 S を、Save ボタンのアクセラレータ キーとして設定するには、「&Save」と入力します。 Windows プラットフォームでは、アクセラレータ キーを利用することにより、ユーザーは、Alt+<accelerator_letter> キーの組み合わせが押されたコントロールにアクセスすることができます。Windows 以外のプラットフォーム上で実行した場合、アンパサンドは単にテキストから取り去られます。 アンパサンド & 1 文字を Text プロパティに表示させるには、アンパサンド文字を 2 つ指定します(&&)。

ヒント: 既に表示されているテキストとまったく同じテキスト文字列を新しく指定する場合、効果は再更新されず、この TTextControl オブジェクトは再描画されません。
メモ: FMX.ExtCtrls.TPopupBox.Text は、FMX.Controls.TTextControl.Text と同じような書き込み可能なプロパティではありません。FMX.ExtCtrls.TPopupBox.Text プロパティは "任意の文字列" ではなく、FMX.ExtCtrls.TPopupBox.Items プロパティ内の文字列のいずれか 1 つでなければなりません。この場合、FMX.ExtCtrls.TPopupBox.ItemIndex は適宜更新されます。

関連項目

コード例

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance