表示: Delphi C++
表示設定

FMX.Objects.TImage.Bitmap

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

property Bitmap: TBitmap read GetBitmap write SetBitmap;

C++

__property Fmx::Graphics::TBitmap* Bitmap = {read=GetBitmap, write=SetBitmap};

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
property public
FMX.Objects.pas
FMX.Objects.hpp
FMX.Objects TImage

説明

この TImage コンポーネントにより表示されるビットマップ画像を指定します。


Bitmap プロパティを、この TImage コンポーネントにより表示するビットマップ画像に指定します。Bitmap を読み取った TBitmap 画像は、他の TImage コンポーネントに割り当てたり、ストリームやファイルに保存できます。

Bitmap の取得アクセサは、Bitmap 画像を MultiResBitmap に保存された多重解像度ビットマップの適切なビットマップ項目から取得します。新しい値をビットマップに設定すると、Bitmap の設定アクセサは、MultiResBitmap の多重解像度ビットマップのビットマップ項目に新しいビットマップを保存します。MultiResBitmap のビットマップ項目を何らかの方法で変更すると、これにより Bitmap 画像は変わります。たとえば、MultiResBitmap[オブジェクト インスペクタ]MultiResBitmap エディタで編集できます。

このコンポーネントでサポートされている画像形式の一覧については、TBitmapCodecManager API ヘルプ トピックを参照してください。

以下のコードを参考にして、画像をプログラムで設定することもできます。

   Image1.Bitmap.LoadFromFile('MyImage.jpg');
メモ: Bitmap の取得アクセサは次のアルゴリズムで、Bitmap プロパティの値を取得します。
  1. コントロールが描画される Scene に対する GetSceneScale 関数を使用して、Bitmap の取得アクセサは、現在のデバイスに対する Scale を取得します。Scene が定義されていない場合、Scale1.0 が使用されます。
  2. MultiResBitmap が割り当てられている場合、取得アクセサは、得られた Scale に一番合ったスケールのビットマップ項目から Bitmap を取得します(空のビットマップ項目を除く)。
  3. 取得アクセサが空ではないビットマップ項目を見つけられない場合、取得アクセサは、得られた Scale に一番適合するスケールの空のビットマップ項目を取得しようとします。
  4. 得られた Scale の空のビットマップ項目を取得アクセサが見つけられない場合、この Scale の新しいビットマップ項目を取得アクセサが作成し、作成したビットマップ項目からビットマップを返します。
  5. Scale<= 0 または MultiResBitmap が割り当てられていない場合、例外が発生します。

関連項目

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance