表示: Delphi C++
表示設定

FMX.StdCtrls.TSplitter

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

FMX.Controls.TStyledControlFMX.Controls.TControlFMX.Types.TFmxObjectSystem.Classes.TComponentSystem.Classes.TPersistentSystem.TObjectTSplitter

Delphi

TSplitter = class(TStyledControl)

C++

class PASCALIMPLEMENTATION TSplitter : public Fmx::Controls::TStyledControl

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
class public
FMX.StdCtrls.pas
FMX.StdCtrls.hpp
FMX.StdCtrls FMX.StdCtrls

説明

TSplitter は、FireMonkey フォームのクライアント領域をサイズ変更可能な複数のペインに分割します。


1 つのフォーム内の整列された 2 つのコントロールの間にスプリッタを追加すると、ユーザーが実行時にそのコントロールのサイズを変更できるようになります。スプリッタは、フォームの一方の端に接しているコントロールと、それ以外のクライアント領域を占めているコントロールとの間に配置されます。スプリッタは、フォームの端に接しているコントロールと同じ向きにします。ユーザーがスプリッタを移動すると、フォームの端に接しているコントロールのサイズが変化します。これによって、このフォームのクライアント領域が変化し、それに応じてクライアント領域の残りの部分を占めるコントロールのサイズが変化します。

フォーム上の各コントロールは、独立したペインとして使用します。各ペインを配置したら、それと同じ向きのスプリッタを配置して、そのペインのサイズを変更できるようにします。最後にフォームに配置されたペインは、クライアントに合わせる必要があります。このため、ほかのすべてのペインがサイズ変更された後で、残りの領域を埋めるように自動的にサイズ変更されます。

関連項目

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance