IBX.IB

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内検索


InterBase Express のエラーやエラー メッセージ関連の、クラスおよびルーチンを定義します(IBX.IB.TIBDataBaseErrorMessagesIBX.IB.GetIBDataBaseErrorMessages など)。InterBase Express の詳細については、「InterBase Express 入門」を参照してください。

パッケージ ibxpress.bpl

クラス

EIBClientErrorEIBClientError は,InterBase Express アプリケーションでのクライアント固有のエラーを表します。
EIBErrorEIBError は,InterBase エラーの例外クラスです。
EIBInterBaseErrorEIBInterBaseError は,サーバー固有のエラーが発生したときに使用します。
EIBInterBaseRoleErrorEIBInterbaseRoleError は、呼び出し元のロールに十分な権限がない場合に発生する InterBase エラーの例外クラスです。
EIBPlanError

ルーチン

CheckStatusVectorステータスベクタのチェックを設定したり設定を解除したりします。
GetIBDataBaseErrorMessages現在のエラーメッセージの設定を返します。
IBAlloc指定したサイズのメモリを割り当てたり解放したりして,新しいメモリをゼロに初期化します。
IBDataBaseErrorSQLCodeIBErrorCode のステータスを解釈して EIBInterBaseError 例外に渡します。
IBError指定したエラーコードに対応するエラーメッセージを返します。
SetIBDataBaseErrorMessages表示するエラーメッセージを選択できるようにします。
StatusVectorスレッドローカル記憶域からスレッド固有のステータスベクタを取り出します。
StatusVectorArrayステータスベクタ配列へのポインタを返します。
StatusVectorAsTextステータスベクタを取得して書式付き文字列として返します。

Ibx_Ib
PStatusVector
TIBClientError
TIBDataBaseErrorMessage
TIBDataBaseErrorMessagesTIBDataBaseErrorMessage および TIBDataBaseErrorMessages は、IBX コンポーネントが遭遇するエラーの説明に利用できる、さまざまな文字列を示します。
TStatusVector
TTraceFlag
TTraceFlagsTTraceFlag および TTraceFlags は、アプリケーションと InterBase サーバー間で渡される、メッセージのタイプを示します。

変数

IBCS
IBErrorMessages

定数

IBBigLocalBufferLengthIBBigLocalBufferLength: Integer = $400;
IBHugeLocalBufferLengthIBHugeLocalBufferLength: Integer = $5000;
IBLocalBufferLengthIBLocalBufferLength: Integer = $200;
IBPalette1IBPalette1: string = InterBase;
IBPalette2IBPalette2: string = InterBase Admin;