表示: Delphi C++
表示設定

SysInit.SetDliFailureHook2

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

function SetDliFailureHook2(HookProc: TDelayedLoadHook): TDelayedLoadHook;

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
function public SysInit.pas SysInit SysInit


説明

遅延ロード ヘルパのエラー通知のフック プロシージャを設定します。


SetDliFailureHook2 を使用すると、遅延ロード ヘルパのエラー フック プロシージャを設定できます。 設定されるプロシージャは、遅延ロード ヘルパでエラーが発生するたびに自動的に呼び出されます。

SetDliFailureHook2 ルーチンは TDelayedLoadHook プロシージャを受け取り、それまでに登録されていたフック プロシージャを返します。 新たに登録するフック プロシージャの中では、それまでに登録されていたフック プロシージャを呼び出すことをお勧めします。

登録された失敗フック プロシージャは、次の通知メッセージに対してのみ、呼び出されます:dliFailLoadLibrary, dliFailGetProcAddress.


関連項目


コード サンプル

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance