System.Bindings.Methods

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内検索


バインディング メソッドのリスト、そしてそのファクトリ、および関連する関数や呼び出し可能な関数本体を実装する、クラスが含まれています。またグローバル ルーチンも含まれており、これにより、双方向式によって使用される場所や、取得や保存ができる左辺値を返すことができます。

パッケージ bindengine.bpl

クラス

EBindConverterError

バインディング式出力のコンバータを管理および使用する際に発生するエラーの例外クラスです。

EBindMethodError

スクリプトで使用されるメソッドを管理する際に発生するエラーの例外クラスです。

EBindOutputCallbackError

特定のデータ型にコールバック関数が割り当てられていない場合に発生するエラーの例外クラスです。

EBindOutputError

バインディング式の出力を作成できない場合に発生するエラーの例外クラスです。

TBindingMethods

バインディング メソッドのリストが含まれます。

TBindingMethodsFactory

TBindingMethods クラスに対するファクトリ クラスです。

ルーチン

MakeInvokable

双方向の式で使用される場所を返します。

MakeLocation

取り出しおよび格納できる lvalue(左辺値)を返します。

TInvokableBody

関数への参照です。TInvokableBody は、MakeInvokable メソッドによって使用されます。

TMethodDescription

メソッドの説明が格納されるレコードです。