表示: Delphi C++
表示設定

System.Classes.TStream.Write

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

function Write(const Buffer; Count: Longint): Longint; overload; virtual;
function Write(const Buffer: TBytes; Offset, Count: Longint): Longint; overload; virtual;
function Write(const Buffer: TBytes; Count: Longint): Longint; overload;

C++

virtual int __fastcall Write(const void *Buffer, int Count)/* overload */;
virtual int __fastcall Write(const System::DynamicArray<System::Byte> Buffer, int Offset, int Count)/* overload */;
int __fastcall Write(const System::DynamicArray<System::Byte> Buffer, int Count)/* overload */;

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
function public
System.Classes.pas
System.Classes.hpp
System.Classes TStream


説明

Buffer からストリームへ最大 Count バイトを書き込むためのメソッド群です。

Write は、Buffer からストリーム内の現在位置に最大 Count バイトを書き込もうと試み、書き込んだバイト数を返します。 ストリームに書き込んだ後、Write は書き込んだバイト数だけ現在位置を先に進めます。

Offset には、書き込む最初のバイトを、Buffer 内の 0 から始まる位置で指定します。

ストリームの他のデータ書き込みメソッド(WriteBufferWriteData)はどれも、Write を呼び出して実際の書き込みを行います。

ストリームのそれぞれの下位オブジェクトでは、特有の記憶媒体(メモリやディスク ファイルなど)にデータを書き込むよう Write メソッドを定義します。

関連項目

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance