表示: Delphi C++
表示設定

System.DateUtils.TimeOf

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

function TimeOf(const AValue: TDateTime): TDateTime;

C++

extern DELPHI_PACKAGE System::TDateTime __fastcall TimeOf(const System::TDateTime AValue);

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
function public
System.DateUtils.pas
System.DateUtils.hpp
System.DateUtils System.DateUtils

説明

TDateTime 値から日付部分を取り除きます。

TimeOf を呼び出すと、TDateTime 値を時刻情報のみの TDateTime 値に変換できます(日付部分は 0 に設定され、1899 年 12 月 30 日になります)。

メモ:  (算術演算を使って)手動で計算された TDateTime 値の場合は、TimeOf の結果が無効なことがあります。そのような場合には、TimeOf ルーチンを呼び出す前に値を丸めること(たとえば TimeOf(RoundTo(Value, -8)))をお勧めします。

関連項目

コード サンプル

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance