表示: Delphi C++
表示設定

System.IOUtils.TFileAttribute

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

TFileAttribute = (faReadOnly, faHidden, faSystem, faDirectory, faArchive,
faDevice, faNormal, faTemporary, faSparseFile, faReparsePoint, faCompressed,
faOffline, faNotContentIndexed, faEncrypted, faSymLink) platform;

C++

enum class DECLSPEC_DENUM TFileAttribute : unsigned char { faReadOnly, faHidden, faSystem, faDirectory, faArchive, faDevice, faNormal, faTemporary, faSparseFile, faReparsePoint, faCompressed, faOffline, faNotContentIndexed, faEncrypted, faSymLink };

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
enum public
System.IOUtils.pas
System.IOUtils.hpp
System.IOUtils System.IOUtils

説明

設定可能なファイルおよびディレクトリの属性を列挙したものです。


TFileAttribute は、設定可能なファイルおよびディレクトリの属性を列挙したものです。TFileAttribute 列挙型は、ファイル操作ルーチン(ファイルやディレクトリの属性の変更、読み取り、削除を行うもの)で使用されます。

メモ: 設定可能なファイル属性はプラットフォームによって異なります。

Windows の場合、TFileAttribute の取り得る値は以下のとおりです。

意味

faReadOnly

読み取り専用ファイルまたは読み取り専用ディレクトリであることを示します。

faHidden

隠しファイルまたは隠しディレクトリであることを示します。

faSystem

システム ファイルまたはシステム ディレクトリであることを示します。

faDirectory

ディレクトリであることを示します。

faArchive

Windows アーカイブ ファイルであることを示します。

faDevice

Windows デバイス ファイルであることを示します。

faNormal

通常のファイルであることを示します。

faTemporary

一時ファイルまたは一時ディレクトリであることを示します。

faSparseFile

スパース ファイルであることを示します。スパース ファイルとは、ほとんどゼロで埋められた大きいファイルのことです。

faReparsePoint

再解析ポイントであることを示します。再解析ポイントとは、実際のファイルまたはディレクトリにリンクしているユーザー定義データ ブロックのことです。

faCompressed

圧縮ファイルまたは圧縮ディレクトリであることを示します。

faOffline

内容が使用不能なオフライン ファイルであることを示します。

faNotContentIndexed

インデックス付け操作を省略されたファイルであることを示します。

faEncrypted

暗号化されたファイルまたはディレクトリであることを示します。

faSymLink

シンボリック リンクであることを示します。

メモ: POSIX ファイル システムでは、ファイル、ディレクトリ(またはフォルダ)、ブロック デバイス/キャラクタ デバイス、ソケット、FIFO(名前付きパイプとも呼ばれるもの)、および名前なしパイプの間に区別はありません。これらはすべて、ファイル記述子と呼ばれます。


POSIX の場合、TFileAttribute の取り得る値は以下のとおりです。

意味

faNamedPipe

名前付きパイプ(FIFO)であることを示します。名前付きパイプは、あるプロセスから別のプロセスに情報を転送するためなどに使用することができます。

faCharacterDevice

キャラクタ デバイス(順に読み取らなければならないデータ フローを提供するファイル記述子)であることを示します。キャラクタ デバイスの例には、キーが押されると次の文字が読み取られる端末などがあります。

faDirectory

ディレクトリであることを示します。

faBlockDevice

ブロック デバイスであることを示します。ブロック デバイスキャラクタ デバイスの違いは、ブロック デバイスにはリクエスト用のバッファがあるため、どの順序で応答するかを選択できることです。

faNormal

通常のファイルであることを示します。

faSymLink

シンボリック リンク(別のファイルやディレクトリの参照を絶対パスまたは相対パスの形式で含むファイル記述子)であることを示します。

faSocket

ソケットであることを示します。

faWhiteout

ホワイトアウト ファイル(存在しないためそれに対して操作を実行することができないファイル)であることを示します。

faOwnerRead

所有者はファイル記述子を読み取ることができます。

faOwnerWrite

所有者はファイル記述子に書き込むことができます。

faOwnerExecute

所有者はファイル記述子を実行することができます。

faGroupRead

グループ内のすべてのユーザーがファイル記述子を読み取ることができます。

faGroupWrite

グループ内のすべてのユーザーがファイル記述子に書き込むことができます。

faGroupExecute

グループ内のすべてのユーザーがファイル記述子を実行することができます。

faOthersRead

所有者以外のユーザーがファイル記述子を読み取ることができます。

faOthersWrite

所有者以外のユーザーがファイル記述子に書き込むことができます。

faOthersExecute

所有者以外のユーザーがファイル記述子を実行することができます。

faUserIDExecution

実行中のユーザー ID。実行できるよう昇格される場合があります。

faGroupIDExecution

実行中のグループ ID。実行できるよう昇格される場合があります。

faStickyBit

所有者以外のプロセスがファイルを削除できないようにします。

メモ: シンボリック リンクは、別のファイルまたはディレクトリに対する参照を絶対パスまたは相対パスの形式で表したものです。

関連項目


コード例

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance