表示: Delphi C++
表示設定

System.Types.OffsetRect

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

function OffsetRect(var R: TRect; DX, DY: Integer): Boolean;
function OffsetRect(var R: TRectF; DX, DY: Single): Boolean;

C++

extern DELPHI_PACKAGE bool __fastcall OffsetRect(TRect &R, int DX, int DY)/* overload */;

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
function public
System.Types.pas
System.Types.hpp
System.Types System.Types

説明

矩形の原点を指定された量で変更します。

OffsetRect 関数を呼び出すと,Rect で指定された矩形の左上隅を移動できます。その際,幅と高さは変更されません。矩形の左端は DX の量だけ移動し,上端は DY の量だけ移動します。

OffsetRect 関数は,Rect パラメータが nil (Delphi)または NULL (C++)でない場合に true を返し,Rect が nil (Delphi)または NULL (C++)で新しい矩形を返すことができない場合は false を返します。

関連項目

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance