表示: Delphi C++
表示設定

System.Win.ObjComAuto.TObjectDispatch.Invoke

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

function Invoke(DispID: Integer; const IID: TGUID; LocaleID: Integer;  Flags: Word; var Params; VarResult: Pointer; ExcepInfo: Pointer; ArgErr: Pointer): HRESULT; virtual; stdcall;

C++

virtual HRESULT __stdcall Invoke(int DispID, const GUID &IID, int LocaleID, System::Word Flags, void *Params, void * VarResult, void * ExcepInfo, void * ArgErr);

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
function public
System.Win.ObjComAuto.pas
System.Win.ObjComAuto.hpp
System.Win.ObjComAuto TObjectDispatch

説明

IDispatch を介して COM オブジェクトによって公開されている、メソッドまたはプロパティを呼び出します。

Invoke は、COM オブジェクト(遅延バインディング呼び出し)によって公開されている、メソッドまたはプロパティへの呼び出しを実行します。

このメソッドに必要とされる、ターゲットのメソッドまたはプロパティのディスパッチ識別子(dispid)は、GetIDsOfNames メソッドを使用して取得することができます。

関連項目

コード例

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance