表示: Delphi C++
表示設定

Vcl.ComCtrls.TCustomHotKey.HotKey

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

property HotKey: TShortCut read GetHotKey write SetHotKey default $0041; { Alt - A }

C++

__property System::Classes::TShortCut HotKey = {read=GetHotKey, write=SetHotKey, default=65};

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
property protected
Vcl.ComCtrls.pas
Vcl.ComCtrls.hpp
Vcl.ComCtrls TCustomHotKey

説明

アクセラレータキーコントロールの現在のキーの組み合わせを保持します。

HotKey プロパティを使用すると,アクセラレータキーに関連付けられているキーの組み合わせを設定または変更できます。〔Alt〕+〔A〕キーがデフォルトです。HotKey プロパティの値を変更するには,このプロパティを直接編集するか,Modifiers プロパティの値を設定します。実行時にアクセラレータキーにフォーカスが設定された状態でユーザーが有効なキーの組み合わせを押すと,HotKey プロパティは再設定されます。

関連項目

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance