表示: Delphi C++
表示設定

Vcl.ComCtrls.TCustomListView.DropTarget

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

property DropTarget: TListItem read GetDropTarget write SetDropTarget;

C++

__property TListItem* DropTarget = {read=GetDropTarget, write=SetDropTarget};

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
property public
Vcl.ComCtrls.pas
Vcl.ComCtrls.hpp
Vcl.ComCtrls TCustomListView

説明

リスト内のどの項目がドラッグアンドドロップ操作のターゲットになるかを指定します。

DropTarget プロパティは,リスト内のどの項目がドラッグアンドドロップ操作のターゲットかを調べられます。DropTarget を設定すると,リストの特定の項目がドラッグ項目をドロップするターゲットになるかどうかを変更できます。

メモ:  DropTarget は,ドロップするターゲットとしてユーザーに表示される項目だけを示します。アプリケーションは,項目のドラッグアンドドロップ動作を実装する必要があります。

関連項目

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance