表示: Delphi C++
表示設定

Vcl.ComCtrls.TCustomRichEdit.HideSelection

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

property HideSelection: Boolean read FHideSelection write SetHideSelection default True;

C++

__property bool HideSelection = {read=FHideSelection, write=SetHideSelection, default=1};

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
property protected
Vcl.ComCtrls.pas
Vcl.ComCtrls.hpp
Vcl.ComCtrls TCustomRichEdit

説明

フォーカスが他のコントロールに移動した場合でもテキストが範囲選択された状態の表示を続けるかどうかを決定します。

HideSelection プロパティを false に設定すると編集コントロールがフォーカスを持たない状態でもテキストが選択されたときと同じ長方形領域を描画したままにします。HideSelection を true に設定すると編集コントロールがフォーカスを持っている場合にのみ選択された長方形領域を描画します。HideSelection プロパティは選択されていることを示すだけで,実際の値には影響しません。常に HideSelection を false にしておくと編集コントロールの多いフォームが見づらくなる場合があります。

関連項目

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance