表示: Delphi C++
表示設定

Vcl.ComCtrls.TCustomRichEdit.Lines

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

property Lines: TStrings read FRichEditStrings write SetRichEditStrings;

C++

__property System::Classes::TStrings* Lines = {read=FRichEditStrings, write=SetRichEditStrings};

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
property protected
Vcl.ComCtrls.pas
Vcl.ComCtrls.hpp
Vcl.ComCtrls TCustomRichEdit


説明

リッチ テキスト編集コントロール内のテキストを行単位で示します。

Lines を使用して、リッチ テキスト編集コントロールのテキストを行単位で操作できます。 Lines は TStrings オブジェクトなので、TStrings のメソッドを Lines に対して使って、行のカウント、新しい行の追加、行の削除、あるいは新しいテキストによる行置換といった操作を行うことができます。

テキストをひと固まりとして扱う場合には、Text プロパティを使用します。 Lines プロパティはテキストを行単位で扱う処理に適しています。

警告: 設計時に書式付きテキストを Lines プロパティに貼り付けた場合、フォームの保存時にその書式は失われます(実行時に表示されない)。 設計時にリッチ テキスト編集コントロールの値を設定するには、その書式付きテキストを別の方法で保存し、Lines プロパティの LoadFromStream または LoadFromFile メソッドを使用して、親フォームの OnShow メソッドの値をロードする必要があります。

関連項目



コード サンプル

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance