表示: Delphi C++
表示設定

Vcl.ComCtrls.TDateTimePicker.Format

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

property Format: String read FFormat write SetFormat;

C++

__property System::UnicodeString Format = {read=FFormat, write=SetFormat};

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
property published
Vcl.ComCtrls.pas
Vcl.ComCtrls.hpp
Vcl.ComCtrls TDateTimePicker

説明

date-time 文字列の書式を指定します。

Format プロパティは、date-time 表示のカスタム書式文字列を指定し、コントロール パネル文字列を上書きします。カスタム書式には date と time フィールドを含めることができます。ただし、time フィールドは Kind プロパティを dtkTime にしないかぎり編集できません。次の書式文字を使用できます。



要素 説明

d

1 桁または 2 桁の日付。

dd

2 桁の日付。日付が 1 桁の場合、値の最初はゼロ (0) になります。

ddd

平日の表示を3 文字に省略。

dddd

省略なしの平日名。

h

1 桁または 2 桁の時間 (12 時間形式)。

hh

2 桁の時間 (12 時間形式)。時間が 1 桁の場合、値の最初はゼロ (0) になります。

H

1 桁または 2 桁の時間 (24 時間形式)。

HH

2 桁の時間 (24 時間形式)。時間が 1 桁の場合、値の最初はゼロ (0) になります。

m

1 桁または 2 桁の分。

mm

2 桁の分。分が 1 桁の場合、値の最初はゼロ (0) になります。

M

1 桁または 2 桁の月。

MM

2 桁の月。月が 1 桁の場合、値の最初はゼロ (0) になります。

MMM

3 文字に省略した月の表示。

MMMM

省略なしの月名。

t

AM/PM を 1 文字で表示 (AM は "A" と表示されます)。

tt

AM/PM を 2 文字で表示 (AM は "AM" と表示されます)。

yy

年を最後の 2 桁で表示 (2001 は "01" と表示されます)。

yyyy

年を 4 桁で表示 (2001 は "2001" と表示されます)。



形式にリテラル文字列を含める場合、単一引用符で囲んでください。リテラル文字列を引用符で囲み忘れると、形式コードを含めていなくても予期せぬ結果につながります。リテラル文字列で単一引用符を表示する場合は、単一引用符を 2 つ使用します。次に例を示します。

'Todays date:' MMM dd, yyyy

プロパティ エディタに入力すると、2001 年 4 月 1 日の結果は次のようになります。

"Today's date: Apr 01, 2001"

メモ:  Format を Delphi コードで設定する場合、各単一引用符を 2 つに増やします。



DateTimePicker1.Format := '''Today''''s date:'' MMM dd, yyyy';



関連項目

コード サンプル


個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance