表示: Delphi C++
表示設定

Vcl.ComCtrls.TTextAttributes.Height

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

property Height: Integer read GetHeight write SetHeight;

C++

__property int Height = {read=GetHeight, write=SetHeight, nodefault};

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
property public
Vcl.ComCtrls.pas
Vcl.ComCtrls.hpp
Vcl.ComCtrls TTextAttributes

説明

フォントの高さをピクセルで指定します。

フォントの高さをピクセル単位で指定するには,Height プロパティを使用します。フォントのサイズをポイント単位で指定するには,Size プロパティを使用します。アプリケーションでは通常はポイント単位でフォントサイズを表しますが,プログラムではフォントのサイズをピクセル単位で扱い,画面に表示するのが普通です。

Height プロパティの値と Size プロパティの値の関係は,次の式で示されます。

Height = Size * ScreenPixelsPerInch / 72

メモ:  TFont オブジェクトの Height プロパティとは異なり,TTextAttributes オブジェクトの Height プロパティはフォントの上部に表示される内部レディングを含みます。

関連項目

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance