Vcl.Dialogs.MessageDlgPosHelp

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内検索

Delphi

function MessageDlgPosHelp(const Msg: string; DlgType: TMsgDlgType; Buttons: TMsgDlgButtons; HelpCtx: Longint; X, Y: Integer; const HelpFileName: string): Integer;
function MessageDlgPosHelp(const Msg: string; DlgType: TMsgDlgType; Buttons: TMsgDlgButtons; HelpCtx: Longint; X, Y: Integer; const HelpFileName: string; TaskDlgFlags: TTaskDialogFlags): Integer;
function MessageDlgPosHelp(const Msg: string; DlgType: TMsgDlgType; Buttons: TMsgDlgButtons; HelpCtx: Longint; X, Y: Integer; const HelpFileName: string; DefaultButton: TMsgDlgBtn): Integer; overload;
function MessageDlgPosHelp(const Msg: string; DlgType: TMsgDlgType; Buttons: TMsgDlgButtons; HelpCtx: Longint; X, Y: Integer; const HelpFileName: string; DefaultButton: TMsgDlgBtn; TaskDlgFlags: TTaskDialogFlags): Integer; overload;

C++

extern DELPHI_PACKAGE int __fastcall MessageDlgPosHelp(const System::UnicodeString Msg, System::Uitypes::TMsgDlgType DlgType, System::Uitypes::TMsgDlgButtons Buttons, int HelpCtx, int X, int Y, const System::UnicodeString HelpFileName)/* overload */;

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
function public
Vcl.Dialogs.pas
Vcl.Dialogs.hpp
Vcl.Dialogs Vcl.Dialogs

説明

指定されたヘルプ ファイルにヘルプが記載されているメッセージ ダイアログ ボックスを表示します。

MessageDlgPosHelp を呼び出すと、関連ヘルプがデフォルト ヘルプ ファイルではないヘルプ ファイルから呼び出されるときに、メッセージ ボックスが表示されます。

Msg は、表示されるメッセージの内容です。

DlgType は、ダイアログ ボックスの目的を示します。



DlgType 値 意味

mtWarning

黄色い感嘆符シンボルが含まれるメッセージ ボックス。

mtError

赤い停止マークが含まれるメッセージ ボックス。

mtInformation

青い "i" が含まれるメッセージ ボックス。

mtConfirmation

緑の疑問符が含まれるメッセージ ボックス。

mtCustom

ビットマップを含んでいないメッセージ ボックス。 メッセージ ボックスのキャプションは、アプリケーションの実行可能ファイル名です。



Buttons は、メッセージ ボックスにどのボタンが表示されるのかを示します。

HelpCtx は HelpFileName で指定されるファイルのヘルプ トピック用コンテキスト ID を指定します。 このトピックは、ダイアログが表示されている間に、ユーザーがヘルプ ボタンをクリック、または F1 を押したときに表示されます。

XY は、ダイアログ ボックスが表示される位置の画面座標を指定します。

HelpFileName はこのメッセージ ボックスに対するヘルプ トピックが含まれるヘルプ ファイルを指定します。

MessageDlgPosHelp は、ユーザーが選択したボタンの値を返します。 メッセージ ボックスに表示できる各種ボタンの TMsgDlgBtn 値と、ユーザーがそのボタンを選択したときに返される値を次の表で示します。



TMsgDlgBtn 値 戻り値

mbOK

mrOk

mbCancel

mrCancel

mbYes

mrYes

mbNo

mrNo

mbAbort

mrAbort

mbRetry

mrRetry

mbIgnore

mrIgnore

mbAll

mrAll

mbNoToAll

mrNoToAll

mbYesToAll

mrYesToAll

mbClose

mrClose



メモ:  ユーザーがメッセージ ボックスで Ctrl + C を押した場合、メッセージのテキストがクリップボードにコピーされます。

関連項目