表示: Delphi C++
表示設定

Vcl.Dialogs.TFontDialog.Execute

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

function Execute(ParentWnd: HWND): Boolean; override;

C++

virtual bool __fastcall Execute(HWND ParentWnd)/* overload */;
inline bool __fastcall  Execute(){ return TCommonDialog::Execute(); }

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
function public
Vcl.Dialogs.pas
Vcl.Dialogs.hpp
Vcl.Dialogs TFontDialog


説明

Font ダイアログを表示します。

Execute は、Font ダイアログを表示し、ユーザーがフォントを選択して [OK] をクリックすると、 true を返します。このユーザーが [キャンセル] をクリックした場合には、Execute は false を返します。

上に記述されている Execute のコード シグニチャは、実際には、基底クラス Vcl.Dialogs.TCommonDialog.Execute 内での Execute オーバーロードの上書きです。Delphi のための Execute のオーバーロードがもう 1 つあり、これはTCommonDialog からの継承メンバ内に存在します。これは入力パラメータのないオーバーロードです。

ParentWnd パラメータは、HWND MSDN 型のウィンドウ ハンドルです。もし何も指定されなかった場合には、グローバル変数 Vcl.Forms.Application 内の Vcl.Forms.TApplication.ActiveFormHandle からアクセスできる現在のフォーム ハンドルが使用されます。


 // Delphi:
 FontDialog1.Font := Form1.Font;
 if FontDialog1.Execute then
   for i := 0 to (Form1.ControlCount - 1) do
     if (Form1.Controls[i] is TButton) then
       (Form1.Controls[i] as TButton).Font :=
         FontDialog1.Font
 // C++:
 FontDialog1->Font = Form1->Font;
 if (FontDialog1->Execute())
   Button1->Font = FontDialog1->Font;


関連項目

コード サンプル

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance