表示: Delphi C++
表示設定

Vcl.ExtCtrls.TTimer

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

System.Classes.TComponentSystem.Classes.TPersistentSystem.TObjectTTimer

Delphi

TTimer = class(TComponent)

C++

class PASCALIMPLEMENTATION TTimer : public System::Classes::TComponent

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
class public
Vcl.ExtCtrls.pas
Vcl.ExtCtrls.hpp
Vcl.ExtCtrls Vcl.ExtCtrls


説明

TTimer は、Windows API のタイマ関数をカプセル化します。

TTimer は、Windows API のタイマ関数である SetTimer と KillTimer を単純に呼び出したり、WM_TIMER メッセージを処理するために使われます。 アプリケーションでは、タイマごとに 1 つのタイマ コンポーネントを使用します。

タイマの実行は、OnTimer イベントによって起動されます。 TTimer には、タイマの OnTimer イベントを発生させる頻度を決定する Interval プロパティがあります。 Interval は、Windows API の SetTimer 関数のパラメータに対応します。

警告: 総タイマ数に関するシステム レベルの制限は、システムによって異なります。

関連項目

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance