表示: Delphi C++
表示設定

Vcl.FileCtrl.TFileListBox.DrawItem

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

procedure DrawItem(Index: Integer; Rect: TRect; State: TOwnerDrawState);  override;

C++

virtual void __fastcall DrawItem(int Index, const System::Types::TRect &Rect, Winapi::Windows::TOwnerDrawState State);

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
procedure
function
protected
Vcl.FileCtrl.pas
Vcl.FileCtrl.hpp
Vcl.FileCtrl TFileListBox

説明

OnDrawItem イベントを生成します。

Vcl.FileCtrl.TFileListBox.DrawItem は Vcl.StdCtrls.TCustomListBox.DrawItem を継承しています。以下の内容はすべて Vcl.StdCtrls.TCustomListBox.DrawItem を参照しています。

OnDrawItem イベントを生成します。

DrawItem は,オーナー描画リストボックスの外観が変わるたびに呼び出されます。リストボックスはリストボックス内の表示項目ごとに DrawItem を呼び出し,Index パラメータに項目のインデックスを渡します。

デフォルトでは,リストボックスの DrawItem メソッドは,そのコンポーネントの OnDrawItem イベントに関連付けられたイベントハンドラを呼び出します。イベントハンドラがアタッチされていない場合,DrawItem は Rect で渡された四角形を塗りつぶし,インデックスの項目に関連付けられているテキストを描画します。State パラメータはアタッチされたイベントハンドラに渡されますが,デフォルトでは無視されます。

関連項目

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance