表示: Delphi C++
表示設定

Vcl.Forms.TFrame

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Vcl.Forms.TCustomFrameVcl.Forms.TScrollingWinControlVcl.Controls.TWinControlVcl.Controls.TControlSystem.Classes.TComponentSystem.Classes.TPersistentSystem.TObjectTFrame

Delphi

TFrame = class(TCustomFrame)

C++

class PASCALIMPLEMENTATION TFrame : public TCustomFrame

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
class public
Vcl.Forms.pas
Vcl.Forms.hpp
Vcl.Forms Vcl.Forms


説明

TFrame は、コンポーネントのコンテナで、フォームまたはその他のフレーム内でネストすることができます。

フレームを作成する際、TFrame の子として実装します。

フレームは、フォームと同様、他のコンポーネントのコンテナになります。フレームは、フォームと同じ所有権メカニズムを使用しており、その上にあるコンポーネントのインスタンス化および破壊は自動的に行われます。また、コンポーネント プロパティの同期化にも、フォームと同じ親子関係が使用されます。しかし、フレームの場合、フォームや他のフレーム内にネストすることができ、Component パレット上に保存して、後から簡単に再利用することもできます。フレームは作成、保存された後、1 つのユニットとして機能し、保有しているコンポーネント群(他のフレームも含む)から変更を継承し続けます。さらには、組み込みフレームの場合、継承した(親)フレームへ行われた変更も継承し続けます。

非標準 A-footnote (Frames_Object) が、TFrame のメイントピックにあります。これを削除しないでください。これは、Component パレットのヘルプが動作するために必要となります。

関連項目

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance