表示: Delphi C++
表示設定

Vcl.Menus.TMenu.Items

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

property Items: TMenuItem read FItems;

C++

__property TMenuItem* Items = {read=FItems};

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
property published
Vcl.Menus.pas
Vcl.Menus.hpp
Vcl.Menus TMenu

説明

メニューの要素を示します。

Items プロパティを使用すると,メニュー内の要素についての情報にアクセスできます。Items は,Items プロパティ内のメニューの要素を示す単一の TMenuItem オブジェクトです。

メモ:  ItemsTMenuItem のデフォルトプロパティなので,TMenuItems プロパティはメニュー内の個々の項目を記述するメニュー項目のインデックス付きの配列として扱うことができます。したがって,
メモ:  FirstItem := Menu1.Items.Items[0];
メモ:  と記述するかわりに,次のように記述できます。
メモ:  FirstItem := Menu1.Items[0];

設計時に Items プロパティを設定するには,プロパティインスペクタで Items プロパティをクリックします。メニューデザイナにより,自動的にメニュー項目が挿入されます。各メニュー項目が入ると,メニュー項目の追加が可能な位置にアウトライン領域が現れます。この領域をクリックすると,追加するメニュー項目を指定できます。実行時には,プログラムでメニューの要素を記述する TMenuItem を作成し,メニューの Items プロパティを設定します。

関連項目

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance