表示: Delphi C++
表示設定

Vcl.StdCtrls.TCustomCombo.Items

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

property Items: TStrings read FItems write SetItems;

C++

__property System::Classes::TStrings* Items = {read=FItems, write=SetItems};

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
property public
Vcl.StdCtrls.pas
Vcl.StdCtrls.hpp
Vcl.StdCtrls TCustomCombo


説明

コンボボックスのリスト部分にある、項目(文字列)のリストへのアクセスを提供します。

Items を読み取ると、コンボボックスに現れる項目のリストにアクセスすることができます。Items のこのメソッドを使用すると、項目の追加、挿入、削除、移動を行うことができます。 Items の値を設定して、別の文字列リストから項目群をコピーすることができます。

たとえば、Vcl.DBCtrls.TDBComboBox の場合、Items を使用すると、リスト内にユーザーが選択できる値を供給することができます。Items は、TStrings 型のオブジェクトであるため、TStrings オブジェクトの Add、Delete、Insert、Exchange、Move の各メソッドを使用して、項目の追加、削除、挿入、移動などを行うことができます。たとえば、コンボボックス リストに各文字列を追加するには、以下のようなコードを記述します:

while not CountryTbl.Eof do begin
  DBComboBox1.Items.Add(CountryTbl.FieldByName('Country').AsString);
  CountryTbl.Next;
end;
while (!CountryTbl->Eof)
{
  DBComboBox1->Items->Add(CountryTbl->FieldByName("Country")->AsString);
  CountryTbl->Next();
}

ItemIndex プロパティでは、どの項目が選択されているか(選択されているものがある場合)を判断できます。

関連項目


コード サンプル

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance