API:FireDAC.Phys.ODBCWrapper.TODBCLongDataStream.Seek

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内検索

Delphi

function Seek(const Offset: Int64; Origin: TSeekOrigin): Int64; override;

C++

virtual __int64 __fastcall Seek(const __int64 Offset, System::Classes::TSeekOrigin Origin)/* overload */;
inline int __fastcall  Seek(int Offset, System::Word Origin){ return System::Classes::TStream::Seek(Offset, Origin); }

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
function public
FireDAC.Phys.ODBCWrapper.pas
FireDAC.Phys.ODBCWrapper.hpp
FireDAC.Phys.ODBCWrapper TODBCLongDataStream

説明

ストリーム リソース内の指定した位置に移動します。

FireDAC.Phys.ODBCWrapper.TODBCLongDataStream.Seek は System.Classes.TStream.Seek を継承しています。以下の内容はすべて System.Classes.TStream.Seek を参照しています。


ストリーム リソース内の指定した位置に移動します。


Seek を呼び出すと、特定の記憶媒体(メモリやディスク ファイルなど)にあるストリームの現在位置を移動できます。

Origin パラメータは Offset パラメータの解釈の方法を示します。Origin に指定できる値は以下のとおりです。

意味

soBeginning

Offset はリソースの始めを原点とします。Seek により Offset の位置に移動します。Offset の値は 0 以上でなければなりません。

soCurrent

Offset はリソース内の現在位置を原点とします。Seek により Position + Offset の位置に移動します。

soEnd

Offset はリソースの終わりを原点とします。Offset は、0 以下でなければならず、ファイル末尾からのバイト数をマイナスで示します。


Seek は、Position プロパティの新しい値を返します。

Seek は、Position プロパティおよび Size プロパティによって呼び出されます。

メモ: TStream の実装では、2 つのバージョン(32 ビット構文と 64 ビット構文)は相互に呼び出し合います。ストリームの下位クラスでは、これらのバージョンの少なくとも一方をオーバーライドする必要があり、そのオーバーライドでは継承したデフォルトの実装を呼び出してはなりません。

関連項目