API:FireDAC.Phys.OracleWrapper.EOCINativeException

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内検索

FireDAC.Stan.Error.EFDDBEngineExceptionFireDAC.Stan.Error.EFDExceptionData.DB.EDatabaseErrorSystem.SysUtils.ExceptionSystem.TObjectEOCINativeException

Delphi

EOCINativeException = class(EFDDBEngineException)

C++

class PASCALIMPLEMENTATION EOCINativeException : public Firedac::Stan::Error::EFDDBEngineException

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
class public
FireDAC.Phys.OracleWrapper.pas
FireDAC.Phys.OracleWrapper.hpp
FireDAC.Phys.OracleWrapper FireDAC.Phys.OracleWrapper

説明

EDBEngineException は、すべての FireDAC DBMS 関連エラーの基底例外クラスです。

FireDAC.Phys.OracleWrapper.EOCINativeException は FireDAC.Stan.Error.EFDDBEngineException を継承しています。以下の内容はすべて FireDAC.Stan.Error.EFDDBEngineException を参照しています。

EDBEngineException は、すべての FireDAC DBMS 関連エラーの基底例外クラスです。

EDBEngineException オブジェクトは、次の用途で使用されます:

  • 例外オブジェクト。DBMS オペレーションがエラー条件を起こした際に発生します。
  • 警告を記述するオブジェクト。DBMS オペレーションが警告条件を起こしてる場合に、接続時に格納されます。
  • メッセージを記述するオブジェクト。DBMS オペレーションがクライアントにメッセージを送信する場合に、接続時に格納されます。

Errors プロパティは、TFDDBError オブジェクトを保有しています。このオブジェクトそれぞれが、1 つのエラー、警告、またはメッセージの項目に相当し、単一の DBMS オペレーション内で生成されます。Kind プロパティは、DBMS に依存しないエラーの種類を返します。SQL および Params プロパティによって、失敗した SQL コマンドを取得することができます。

FireDAC ドライバは、自分独自の EFDDBEngineException 下位クラス群を実装します。たとえば、MySQL ドライバは、EMySQLNativeException 例外クラスを実装します。 

TFDGUIxErrorDialog ダイアログを使用すると、FireDAC / DBMS エラーに関する詳細情報を表示します。

関連項目

サンプル