API:Fmx.Bind.Navigator.TFMXBindNavigateApplyUpdates

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内検索

Fmx.Bind.Navigator.TFMXBindNavigateActionFMX.ActnList.TActionFMX.ActnList.TCustomActionSystem.Actions.TContainedActionSystem.Classes.TBasicActionSystem.Classes.TComponentTFMXBindNavigateApplyUpdates

Delphi

TFMXBindNavigateApplyUpdates = class(TFMXBindNavigateAction)

C++

class PASCALIMPLEMENTATION TFMXBindNavigateApplyUpdates : public TFMXBindNavigateAction

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
class public
Fmx.Bind.Navigator.pas
Fmx.Bind.Navigator.hpp
Fmx.Bind.Navigator Fmx.Bind.Navigator

説明

標準の LiveBinding アクションを実装したものです。

Fmx.Bind.Navigator.TFMXBindNavigateApplyUpdates は Fmx.Bind.Navigator.TFMXBindNavigateAction を継承しています。以下の内容はすべて Fmx.Bind.Navigator.TFMXBindNavigateAction を参照しています。


標準の LiveBinding アクションを実装したものです。


TFMXBindNavigateAction は、バインド ナビゲータと互換性があるすべての標準 LiveBinding アクションの基底クラスです。次の表に、標準の LiveBinding アクションを示します。

ボタン 用途
Fmx.Bind.Navigator.TFMXBindNavigateFirst データ ソース内の最初のレコードを現在のレコードに設定し、[最初へ]ボタンと[前へ]ボタンを無効にします。[次へ]ボタンと[最後へ]ボタンが無効になっている場合は有効にします。
Fmx.Bind.Navigator.TFMXBindNavigatePrior 前のレコードを現在のレコードに設定し、[最後へ]ボタンと[次へ]ボタンが無効になっている場合は有効にします。
Fmx.Bind.Navigator.TFMXBindNavigateNext 次のレコードを現在のレコードに設定し、[最初へ]ボタンと[前へ]ボタンが無効になっている場合は有効にします。
Fmx.Bind.Navigator.TFMXBindNavigateLast データ ソース内の最後のレコードを現在のレコードに設定し、[最後へ]ボタンと[次へ]ボタンを無効にします。[最初へ]ボタンと[前へ]ボタンが無効になっている場合は有効にします。
Fmx.Bind.Navigator.TFMXBindNavigateInsert 現在のレコードの前に新しいレコードを挿入し、データ ソースを挿入および編集の状態に設定します。
Fmx.Bind.Navigator.TFMXBindNavigateDelete 現在のレコードを削除し、次のレコードを現在のレコードにします。
Fmx.Bind.Navigator.TFMXBindNavigateEdit データ ソースを編集状態にして現在のレコードを変更できるようにします。
Fmx.Bind.Navigator.TFMXBindNavigatePost 現在のレコードに対する変更をデータ ソースに書き込みます。
Fmx.Bind.Navigator.TFMXBindNavigateCancel 現在のレコードに対する編集を取り消して、レコードの表示を編集前の状態に戻します。挿入および編集の状態がアクティブになっている場合は非アクティブにします。
Fmx.Bind.Navigator.TFMXBindNavigateRefresh 関連付けられているデータ ソースのバッファリングされているデータの表示を更新します。
Fmx.Bind.Navigator.TFMXBindNavigateApplyUpdates データ ソースに対するすべての保留中の更新を適用します。
Fmx.Bind.Navigator.TFMXBindNavigateCancelUpdates データ ソースに対するすべての保留中の更新をキャンセルします。

標準の LiveBinding アクションの使い方の詳細は、ヘルプ トピック「LiveBinding とアクション リスト」を参照してください。

関連項目