API:SimpleDS.TSimpleDataSet.MasterFields

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内検索

Delphi

property MasterFields: string read GetMasterFields write SetMasterFields default 0;

C++

__property MasterFields = {default=0};

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
property published
SimpleDS.pas
SimpleDS.hpp
SimpleDS TSimpleDataSet

説明

マスター/詳細関係を確立するためにこのデータセット内の項目とリンクさせるマスターテーブル内の 1 つまたは複数の項目の名前を指定します。

SimpleDS.TSimpleDataSet.MasterFields は Datasnap.DBClient.TCustomClientDataSet.MasterFields を継承しています。以下の内容はすべて Datasnap.DBClient.TCustomClientDataSet.MasterFields を参照しています。

マスター/詳細関係を確立するためにこのデータセット内の項目とリンクさせるマスターテーブル内の 1 つまたは複数の項目の名前を指定します。

MasterSource プロパティを設定してから MasterFields プロパティを使用すると,このデータセットと MasterSource で指定するデータセットとの間に詳細/マスター関係を確立するのに使用する 1 つ以上の項目の名前を指定できます。

MasterFields は,マスターテーブル内の 1 つまたは複数の項目名からなる文字列です。項目名はセミコロンで区切ります。

マスターテーブルの現在のレコードが変更されるたびに,そのレコードの項目の新しい値を使ってデータセットの対応するレコードが表示用に選択されます。

メモ:  設計時に 2 つのデータセット間のマスター/詳細関係を確立するには,項目リンクデザイナを使用します。

関連項目