API:Soap.InvokeRegistry.TRemotableXS.ObjectToSOAP

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内検索

Delphi

function  ObjectToSOAP(RootNode, ParentNode: IXMLNode;  const ObjConverter: IObjConverter; const NodeName, NodeNamespace, ChildNamespace: InvString; ObjConvOpts: TObjectConvertOptions; out RefID: InvString): IXMLNode; override;

C++

virtual Xml::Xmlintf::_di_IXMLNode __fastcall ObjectToSOAP(Xml::Xmlintf::_di_IXMLNode RootNode, Xml::Xmlintf::_di_IXMLNode ParentNode, const _di_IObjConverter ObjConverter, const System::UnicodeString NodeName, const System::UnicodeString NodeNamespace, const System::UnicodeString ChildNamespace, TObjectConvertOptions ObjConvOpts, /* out */ System::UnicodeString &RefID);

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
function public
Soap.InvokeRegistry.pas
Soap.InvokeRegistry.hpp
Soap.InvokeRegistry TRemotableXS

説明

ネイティブなオブジェクトを SOAP 表現に変換します。

Soap.InvokeRegistry.TRemotableXS.ObjectToSOAP は Soap.InvokeRegistry.TRemotable.ObjectToSOAP を継承しています。以下の内容はすべて Soap.InvokeRegistry.TRemotable.ObjectToSOAP を参照しています。

ネイティブなオブジェクトを SOAP 表現に変換します。

ObjectToSOAP メソッドをオーバーライドすると,アプリケーションが TRemotable の下位クラスを SOAP 表現に変換する方法をカスタマイズできます。TRemotable では,ObjectToSOAP は,ObjConverter パラメータで指定されたコンバータの ObjInstanceToSOAP メソッドを呼び出すだけです。

RootNode は,生成されたノードの上位ノードです。RootNode には,生成されたノードの情報を属性として追加できます。

ParentNode は,ObjectToSOAP が生成するノードの親として動作する SOAP 表現内のノードです。

ObjConverter は,リモート可能オブジェクトと,その SOAP 表現間の変換を行うデフォルトのコンバータのインターフェースです。これは,TOPToSoapDomConvert インスタンスのインターフェースです。

Name は,生成されるノードの名前です。

URI は,Name が定義されている名前空間の URI です。

ObjConvOpts は,ノードがシリアル化される方法をカスタマイズするフラグです。

RefID は,ノードの参照 ID を返します。これは,ノードがマルチ参照の場合に使用されます。

ObjectToSOAP は,新しく作成されたノードの XML を返します。

関連項目