API:Soap.WSDLBind.TTypes

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内検索

Soap.WSDLBind.TDocumentedXml.XMLDoc.TXMLNodeSystem.TInterfacedObjectSystem.TObjectTTypes

Delphi

TTypes = class(TDocumented, ITypes)

C++

class PASCALIMPLEMENTATION TTypes : public TDocumented

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
class public
Soap.WSDLBind.pas
Soap.WSDLBind.hpp
Soap.WSDLBind Soap.WSDLBind

説明


TXMLNode は XML ドキュメントにおけるノードを表します。

Soap.WSDLBind.TTypes は Xml.XMLDoc.TXMLNode を継承しています。以下の内容はすべて Xml.XMLDoc.TXMLNode を参照しています。


TXMLNode は XML ドキュメントにおけるノードを表します。


XML データ バインディング ウィザードでは、子ノードを持つノードを表すのに生成するクラスの基底クラスとして TXMLNode を使用します。たとえば、XML ドキュメントに以下の内容が含まれている場合を考えましょう。

 <Address country="US">
     <Name>
         <First> John </First>
         <MI> Q. </MI>
         <Last> Public </Last>
     </Name>
     <Street> 123 Easy Street </Street>
     <City> Anytown </City>
     <State> CA </State>
 </Address>

この場合、XML データ バインディング ウィザードは、Address 要素と Name 要素を表す TXMLNode 下位クラスを生成します。子ノードとノード属性は TXMLNode 下位クラスのプロパティとして生成されます。

メモ: また、XML データ バインディング ウィザードは、属性と要素ノードの TXMLNode オブジェクトを作成できるコードも生成します。ただし、属性ノード用の特別な TXMLNode 下位クラスはありません。つまり、各属性は直接 TXMLNode で表されます。

TXMLNode では IXMLNode インターフェイスを実装します。各 TXMLNode 下位クラスでは、IXMLNode から派生するクラス固有のインターフェイスを実装します。通常、アプリケーションでは TXMLNode を直接扱うことはありません。その代わり、IXMLNode インターフェイスまたは、TXMLNode 下位クラスで実装される IXMLNode 下位インターフェイスを使用します。

関連項目