API:System.Beacon.Components.TCustomBeacon.Destroy

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内検索

Delphi

destructor Destroy; override;

C++

__fastcall virtual ~TCustomBeacon();

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
destructor public
System.Beacon.Components.pas
System.Beacon.Components.hpp
System.Beacon.Components TCustomBeacon

説明

コンポーネントとその所有コンポーネントを破棄します。

System.Beacon.Components.TCustomBeacon.Destroy は System.Classes.TComponent.Destroy を継承しています。以下の内容はすべて System.Classes.TComponent.Destroy を参照しています。

コンポーネントとその所有コンポーネントを破棄します。

直接 Destroy メソッドを呼び出さないでください。かわりに,Free メソッドを呼び出してください。コンポーネントが nil でないことを確認した場合にのみ Destroy を呼び出します。

コンポーネント自体のイベントハンドラ内でそのコンポーネントを明示的に解放したり,コンポーネントが所有または包含するコンポーネントのイベントハンドラからコンポーネントを解放することはできません。

フォームを解放するには Release メソッドを呼び出します。Release は,フォームのすべてのイベントハンドラおよびフォームが所有するコンポーネントのイベントハンドラの処理が終了した後に,フォームを破棄して割り当てられていたメモリを解放します。

メモ:  フォームは,すべてのコントロールと,それに配置されている非ビジュアルコンポーネントをすべて所有しています。フォームを解放すると,これらすべてのコンポーネントも自動的に解放されます。デフォルトでは,すべてのフォームはアプリケーションオブジェクトによって所有されます。アプリケーションが終了すると,~TComponent デストラクタは,すべてのフォームを解放するアプリケーションオブジェクトを解放します。コンポーネントではないオブジェクトや,nil オーナーによって作成されたコンポーネントでは,オブジェクトを終了した後に必ず Free メソッドを呼び出してください。Free メソッドを呼び出さないと,そのオブジェクトに割り当てられていたメモリはアプリケーションが終了するまで失われた状態になります。

関連項目