API:Vcl.ActnMan.TActionItemDragObject.Finished

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内検索

Delphi

procedure Finished(Target: TObject; X: Integer; Y: Integer;  Accepted: Boolean); override;

C++

virtual void __fastcall Finished(System::TObject* Target, int X, int Y, bool Accepted);

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
procedure
function
protected
Vcl.ActnMan.pas
Vcl.ActnMan.hpp
Vcl.ActnMan TActionItemDragObject

説明

マウスボタンを離したときに応答して,ドラッグ動作が完了したことを示します。

Vcl.ActnMan.TActionItemDragObject.Finished は Vcl.Controls.TDragObject.Finished を継承しています。以下の内容はすべて Vcl.Controls.TDragObject.Finished を参照しています。

マウスボタンを離したときに応答して,ドラッグ動作が完了したことを示します。

Finished メソッドは TDragObject の実装では何もしません。このメソッドをオーバーライドすると,一定の動作を提供することができます。Target は,ドラッグを受け付けたオブジェクトです。ドラッグ動作を取り消したり,自由に浮動できる位置でドラッグされているオブジェクトのドラッグアンドドック動作を終了すると,Target は nil(Delphi)または NULL(C++)になります。X と Y は,ドラッグの終了位置を示します。Accepted は,Target がドラッグされたオブジェクトを受け付けると true になります。

Finished は TBaseDragControlObject でオーバーライドおよび実装されます。

関連項目