API:Vcl.ActnMan.TCustomActionBar.DragOver

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内検索

Delphi

procedure DragOver(Source: TObject; X: Integer; Y: Integer;  State: TDragState; var Accept: Boolean); override;

C++

DYNAMIC void __fastcall DragOver(System::TObject* Source, int X, int Y, System::Uitypes::TDragState State, bool &Accept);

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
procedure
function
protected
Vcl.ActnMan.pas
Vcl.ActnMan.hpp
Vcl.ActnMan TCustomActionBar

説明

DragOver は,OnDblClick イベントのディスパッチャです。

Vcl.ActnMan.TCustomActionBar.DragOver は Vcl.Controls.TControl.DragOver を継承しています。以下の内容はすべて Vcl.Controls.TControl.DragOver を参照しています。

DragOver は,OnDblClick イベントのディスパッチャです。

DragOver メソッドをオーバーライドすると,OnDragOver イベントハンドラが呼び出される前に実行するコードを追加することができます。

DragOver は,Accept パラメータを true に設定して,ドラッグしたオブジェクトをそのコントロール上にドロップできることを示します。Accept を false に設定すると,ドラッグしたオブジェクトをそのコントロール上にドロップできないことを示します。

Source パラメータはドラッグ中のオブジェクトです。State パラメータは,ドラッグされるオブジェクトがコントロールに対してどのような位置関係で移動されているかを示します。X および Y はマウスの現在位置を示します。

関連項目