API:Vcl.Bind.Navigator.TBindNavigateNext

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内検索

Vcl.Bind.Navigator.TBindNavigateActionVcl.ActnList.TActionVcl.ActnList.TCustomActionSystem.Actions.TContainedActionSystem.Classes.TBasicActionSystem.Classes.TComponentSystem.Classes.TPersistentTBindNavigateNext

Delphi

TBindNavigateNext = class(TBindNavigateAction)

C++

class PASCALIMPLEMENTATION TBindNavigateNext : public TBindNavigateAction

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
class public
Vcl.Bind.Navigator.pas
Vcl.Bind.Navigator.hpp
Vcl.Bind.Navigator Vcl.Bind.Navigator

説明


TAction は、VCL アクション オブジェクトの基底クラスです。 TAction には、メニュー項目やコントロールで使用されるアクションが実装されています。 TAction アクションの published プロパティおよびイベントは、設計時にオブジェクト インスペクタで管理できます。

Vcl.Bind.Navigator.TBindNavigateNext は Vcl.ActnList.TAction を継承しています。以下の内容はすべて Vcl.ActnList.TAction を参照しています。


TAction は、VCL アクション オブジェクトの基底クラスです。 TAction には、メニュー項目やコントロールで使用されるアクションが実装されています。 TAction アクションの published プロパティおよびイベントは、設計時にオブジェクト インスペクタで管理できます。

TAction クラスは、TCustomAction とほぼ同じです。 TAction は、TCustomAction の以下の機能のみ拡張しています。

これらのプロパティおよびイベントが published スコープになることで、これらのプロパティおよびイベントの値の編集に、オブジェクト インスペクタの使用が可能に。
  • アクションの作成中は、DisableIfNoHandler プロパティを True に設定、つまり、OnExecute イベント ハンドラがない場合、アクションにはアクセスできない。

TAction は、汎用アクション コンポーネントです。 これは、ユーザー コマンドに対して希望する応答を実装しているアクション クラスがない場合に、アクション リストへ追加することができます。 定義済みのアクション クラスには、ユーザーがクライアント コントロールをクリックしたときに応答するメソッドが組み込まれているのに対して、TAction には、ユーザー コマンドに対して応答が組み込まれていません。 その代わり、TAction を使用する場合は、(オブジェクト インスペクタを使用して)OnExecute イベントのハンドラを作成することで、アクションが起動したときの応答を指定でき、OnUpdate イベントのハンドラを作成することで、現在の状態を反映するように TAction のプロパティを構成することができます。

アクション オブジェクトは、ユーザー コマンド(アクション)に対する応答の一元化に使用されるほか、アクション リストまたはアクション バンドを使用するアプリケーションでユーザー インターフェイス要素を表すのに使用されます。

TAction はまた、定義済みアクションの基底クラスとしても動作します。 サポートされているプロパティおよびイベントを published スコープのままにしておく場合は、TAction からクラスを派生させることができます。 一方、サポートされているプロパティおよびイベントの一部を public スコープにする場合は、TCustomAction からクラスを派生させることができます。

TAction の動作を拡張している定義済みアクションについては、Vcl.StdActnsVcl.DBActnsVcl.ExtActns の各ユニット内のアクション クラスを参照してください。

関連項目