API:Vcl.Bind.Navigator.TBindNavigator.OnStartDrag

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内検索

Delphi

property OnStartDrag: TStartDragEvent read FOnStartDrag write FOnStartDrag;

C++

__property OnStartDrag;

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
event published
Vcl.Bind.Navigator.pas
Vcl.Bind.Navigator.hpp
Vcl.Bind.Navigator TBindNavigator

説明


ユーザーが、コントロールまたはそれが保持しているオブジェクトを、そのコントロールを左クリックし、マウス ボタンを押した状態でドラッグし始めたときに発生します。

Vcl.Bind.Navigator.TBindNavigator.OnStartDrag は Vcl.Controls.TControl.OnStartDrag を継承しています。以下の内容はすべて Vcl.Controls.TControl.OnStartDrag を参照しています。

ユーザーが、コントロールまたはそれが保持しているオブジェクトを、そのコントロールを左クリックし、マウス ボタンを押した状態でドラッグし始めたときに発生します。

OnStartDrag イベント ハンドラを使用すると、ユーザーが、コントロールまたはそれが保持しているオブジェクトをドラッグし始めた際の、特殊な処理を実装することができます。 OnStartDrag は、DragKind が dkDrag の際にのみ、発生することができます。

Sender はドラッグされようとしているコントロール、または、ドラッグされようとしているオブジェクトを保持しているコントロールです。

OnStartDrag イベント ハンドラは、DragObject パラメータに対して TDragControlObjectEx インスタンスを作成して、ドラッグ カーソル、または必要に応じてドラッグ イメージを指定することができます。 TDragControlObjectEx インスタンスを作成した場合、そのドラッグが終わっても、DragObject に対して Free メソッドを呼び出す必要はありません。 一方、TDragControlObject インスタンスを作成した場合、ドラッグ オブジェクトのインスタンスを解放するのは、アプリケーションの役目です。

OnStartDrag イベント ハンドラが、DragObject パラメータに nil (Delphi) または NULL (C++) を設定すると、TDragControlObject オブジェクトが自動的に作成され、そのコントロールのドラッグが開始されます。

メモ: TRichEdit といった一部のコントロールでは、基盤となる Windows コントロールが、内部のドラッグ操作を処理します。 このようなコントロールの場合、コントロール内でのドラッグ操作に対して OnStartDrag や OnEndDrag イベントは発生しません。

OnStartDrag は、TStartDragEvent 型のイベント ハンドラです。

関連項目